時間とお金

 

 

本当に会いたい人にしか会わない

本当に会いたい人には会いたい

でも、やはり自分のタイミングが最優先である

実際に会う人というのは、相当会いたい人だと思う

 

少なくとも私は、

どんなに暇でも、会いたくない人には会わないし、

そこそこ会いたいくらいの人にも会わない。

自分の時間とお金を使ってでも、会いたい人。

 

自分も、自分と会ってくれた相手が、

自分の時間とお金を使って会ってくれたんだ、ということを

気づける人になりたい。

 

 

優しさ

 

 

本当の優しさは難しい。

 

100人いれば、100通りの優しさの基準があると思う。

 

最近、他者への優しさ(家族、交際相手、友人、同僚、先輩後輩など)について

 

考えている。

 

他人に優しさを向けるとき、少なからず

 

何かを求めてしまうのは仕方がない気がする。

 

相手の反応(気づいてくれるか、受け止めてくれるか)、

 

相手への見返り(御返し、同等の優しさ)、など

 

たとえ親子であっても、度合いや種類は違えど、

 

1mmも期待していないということは、あまりないのではないか?と思う。

 

それはそれで、いいのだけれど、

 

相手への優しさよりも、

 

見返りに対する期待が、度を超えてくると、苦しいな、と思う。

 

度を超えた期待が、

 

自己満足だったり、次の行動を強制するものであったり、

 

現状を抑制するものであったりすると、

 

なおさら、キツい。

 

優しさという、大義名分があるから、かなり厄介だ。

 

そういう、自分を守るための優しさ、みたいなものを感じると

 

恐ろしく、心が冷えていくのを感じる。

 

 

ーーー

 

 

相手のことを考えているようで、

 

自分のことしか考えられていないことは、往々にしてある。

 

例えば、付き合っている彼女に、

 

「忙しいと思うから、ごはん作って待ってたよ」

 

と言われて嬉しいのは、"週に数回の場合に限る"、と思う。

 

(この回数も人によるだろう)

 

もちろん、そもそも自分からお願いしているなら別だが、

 

頼んでもいないのに、毎日待たれても、

 

自分だったら重荷に感じてしまう。

 

忙しくて時間作れなくてごめんとか、

 

ごはん作った上に待ってくれてありがとうとか、

 

わかっているからこそ、プレッシャーに感じてしまう。

 

忙しいからこそ、たまには飲んで帰りたいし、

 

サクッとコンビニ飯で済ませて、早く寝たい時もある。

 

優しさも、ほどほどの方が、

 

自分も相手も、負荷なく過ごせるのでは?と思う。

 

その、"ほどほど"が合う人が、相性の良い人かもしれない。

 

寂しくなりすぎず、重荷にもなりすぎない、良い距離での優しさ。

 

 

ーーー

 

 

自立するのも、甘えるのも、

 

一人の時間も、他者との時間も、

 

同じくらい大事だと思う。

 

自分にも優しく、本当の意味で相手にも優しいこと。

 

自分に優しくするのも、

 

相手に求めすぎないことも、

 

どちらも簡単にできる人もいれば、

 

できない人もいる。

 

私は、"できない"方の人間だと、自分のことを思う。

 

だけど、執拗に求められる(期待・強制・抑圧)は、

 

ひどく嫌いである。

 

嫌味や、嫉妬や、寂しさとセットで、

 

〜してあげたのに、〜のせい、〜しないほうがいい、〜したほうがいい、

 

なんて言われるのが、大嫌いである。

 

これに優しさをセットにされた日には、逃げ場がなくなって、苦しくなる。

 

恩着せがましいこと言うくらいなら(大体相手は恩着せがましい自覚はないのだが)、

 

根本の問題(嫌味や嫉妬や寂しさの根源)を

 

解決する方向に、意識を向けて欲しい。

 

その方が、ずっと明るくて、建設的である。

 

もし、相手(私)が、忙しそうだったり

 

余裕がなさそうなのであれば、

 

放っておくか、時間を共にしている時だけでも楽しくいてほしいと思うし、

 

私は相手にもそうしたいし、そうでありたい。

 

嫌味や、嫉妬や、寂しさを、間違った優しさで

 

ぶつけたくはない。

 

 

ーーー

 

 

本当に相手に優しくするには、

 

相手の気持ちを考えることが大切だと思う。

 

これが意外と難しい。

 

嫌味・嫉妬・寂しさフィルターがかかると、

 

途端に話がすり替わってしまう。

 

 

自分だったら、どうしてほしいだろう?と、

 

相手が選んだ行動や言動も、なぜそうしたんだろう?と、

 

考える癖をつけたい。

 

 

本当の優しさを見失わない為に。 

 

 

振り返り

 

 

 

振り返りは、大事なのだれど、

ずっと振り返っていると、スピードが落ちる気がする。

前に進めない。

 

振り返りはさっと済まして、何をするか?を考えたい。

 

仕事も私生活も趣味も。

振り返ってばかりいると、足踏みしてしまう。

できない理由をずっと見つめるのは、しんどい。

 

どうしたら出来るようになるか?に注視して、

ひとつずつ実行したい。

 

 

 

2019

 

 

今年が始まった。

まずは、広島に出張。

広島はとても良い街だった。

良い人もたくさん居たし、とにかくよかった。

 

出張に行くと、いろんな人に出会える。

それぞれの生き方を知る事ができる。

それは、かけがえのない事柄だと思っている。

 

 

 

最近は、どんな自分になりたいか?と考える時間が増えた。

きっと、年初めだからだろう。

 

居心地の良い人、になりたい。

そう、ふと思った。

 

友達も、同僚も、彼氏も、居心地のいい人が好きだろう。

万人に、居心地が良くあるべきではない。

自分の大切な人たちにとって、居心地が良い存在でありたい。

 

 

ーーー

 

労働者とクリエイターには、大きな壁がある気がするのは何でだろう?

どちらの良きところも活かす、ということ、

どちらも認め合うということが、できないのは何故だろう?

 

自分(会社員/フリーランスなど)の不完全さを、

それぞれ隠すように、相手を認めない部分があるのではないか?と思う。

 

それは、時に誇りであり、時に厄介なプライドである。

 

ーーー

 

厄介なプライドを、誇りに変えれば、

おのずと相手のことを認められる気がする。

 

 

 

幸せ

 

 

 

最近は、仕事もそこそこ順調で、お金もそこそこある。

そこそこ恋愛も安定していて、友達もいる。

 

仕事、恋愛、お金。

どれも、そこそこ幸せである。

 

と、ふと思った休日。

なんだかボケーっとしてしまったのである。

 

そんなとき、

私は今まで、悔しいとかしんどいとか、

〜しなきゃとか、変な使命感だったりとか、

お金がないとか、恋に破れたとか、報われないとか、

そういう負の感情の中で、幸せというものを感じてきた人間だと思った。

 

 

これからも、もちろん不幸なことはあるのだろうけど、

でも、なんだか今までと感じ方が変わるだろう、と思う。

なぜなら、今の幸せは、自分で掴んでいるものだから。

 

自分の幸せってなんだろう?と考えて、

ちょっとずつ積み重ねたのが、今である。

 

 

負の感情の中でもなく、孤独でもなく、

暖かいものの中から、幸せを生み出したい。

 

暖かい、楽しい、ゆるやかなもの。

心からやりたいこと。

一緒にいたい人。

 

 

それはなんだろう?と考える。

 

 

 

忘れた人

 

 

私は27歳です。

最近思うのは、"しばらく会っていない人"が多くなった、ということ。

 

18歳まで実家にいたので、それまでは、

関わっている人もさほど変わらないし、だいたい近くに住んでいたので、

どこかで話題に上がったりして、定期的に思い出す機会があった。

 

18歳から27歳までの約10年間の間に、

大学やサークル、インターンや会社、歌手活動やバイトを含めると、

とても沢山の人に出会った。

 

住む場所も違えば、国さえ異なる人もいる。

複数人のコミュニティではなく、個人で出会った人もいる。

そうなると、何かのきっかけで思い出さない限り、

忘れてしまう、ということに気が付いた。

 

 

昔は仲が良かったのに、今あったらどんな風に呼べばいいんだろう?

と悩むこともある。

そういう、"しばらく会っていない人"が増えたなぁと感じた。

 

 

自分にとっての大事な存在、キーパーソンとは、

定期的に会いたいと思った。

自分から会う機会を作ることが必要である。

もちろん、偶然出会うのも素敵なのだけれど。

 

 

自分にとって、定期的に会いたい大切な人。

って誰なんだろう?と

年末年始に考えて、1月中に会ってみようっと。

 

 

 

師走

 

 

あっという間に、12月になった。

 

今年はとにかく働いた1年だった。

年始に掲げた目標は、だいぶ達成し、

なかなか頑張った1年だったのではないかと思う。

 

出張の日数を数えたら、101日だった。

1年の3分の1は、どこかに行っていた。

佐賀県、愛知県、京都府大阪府、埼玉県が主な出張先である。

 

大体は、プロジェクションマッピングの作品か、

LEDライトや光る造形作品の仕事をしていた。

いろんな現場があったし、いろんな作品があった。

様々なやりとりがあって、感情も揺れた。

 

ふと気づくと、どこか慣れのようなものも出てきてる気がする。

効率よく仕事ができるようになることと、

慣れてしまうのは違う。

 

だがしかし、今年はだいぶ頑張ったのではないだろうか。

自分をしっかり褒めて、大事にすること。

低姿勢になりすぎないことも、来年への抱負である。

謙虚に、尊厳を持って生きたい。

 

 

師走。

自分へのご褒美と、来年への喝と、

周りの人への感謝を大切に過ごしたい。