がんばってるね

 

今日、お花を買った。

花というか草だ。

 

去年の末に引っ越してから、

なんども花屋さんを見て、花を買いたかったのだけど、

枯れるのが怖くて買うのをやめた。

正確に言うと、花さえも長持ちさせられない

余裕のない自分を認識するのが嫌だったからやめた。

 

朝起きて、何もする気が起きなくて、

今日は休んだ。

だれかに、がんばってるね、と言われたかったのだと思う。

 

自分の弱いところを曝け出すのは、

多分、大体の人が嫌がる。

だけど、いざ目の前に悩んでいる人が現れると、

もっと頼っていいとか、がんばらなくていいと言う。

私も、そういう言葉をかけたことがある。

でも、きっと、相手が求めているのは、

もう頑張ってるよと解放してあげることだと、

今日気づいた。

私は、目の前に悩んでる人がいたら、

もう頑張ってるよって言ってあげたいと思う。

 

人の悩みは、だいたいが、

恋愛かお金か仕事の悩みらしい。

私は今、それなりに幸せだけど、

この3つとも満足できていない。

まぁいっか、と思いながら、しのぐ術は身につけたのだけど、

たまにどうしようもなく、身動きが取れなくなってしまう。

それが今日突然現れた。

 

そんな時は、何も考えずに、

問題を一旦どこかに置いて、

好きなように過ごすのが良いと思っている。

1日中寝て、本を読み漁った。

最近は、本を読むのが好きだ。

だれかの人生を俯瞰して見ることができる。

自分の物語は一旦置いておいて、

主語が自分ではないストーリーに

時間を割くことができる。

それで気づくことができる感情がある。

 

それなりにつらいこともあるのだけど、

明日からの人生を大きく変えるほどのものではない。

きっと、そこまで不幸でもない。

だけど、誰かに全てを知ってほしい気持ちになる。

そんなことは、できないと知りながら、

孤独と向き合うことができない自分が、

たまにひょっこりと現れる。

 

メンヘラ、情緒不安定、という言葉を、

よく使う時代になってから、

人々の感情のグラデーションは

どこか隅っこに追いやられている気がする。

本当は、もっとみんな、それぞれに、

落ち込んだり、悩んだり、泣いたりしているんだろう。

でも、強いほうが、良いとされる世の中に、

いつしか変わってしまったのだと思う。

 

強くないと、今の居場所を維持できないなら、

そこに執着する必要はないと諦められるものだけど、

今私がいる場所は、きっと、強くいられなくなったときに、

手を差し伸べてくれる人がいる環境だ。

 

だから、今日は少し甘えてしまった。

明日から、また、日常に戻れると良いのだけど。

あんまり考えすぎるのもよくない。

今日は、少し掃除して、花を眺めて、

コンビニで買った麻婆豆腐を買って、寝よう。

それだけでも、十分、がんばったと思う。

 

 

f:id:aoinformation:20180326214939j:plain