頼るということ

 

 

今、喫茶店で、アイスコーヒーを飲んでいます。

 

7/26~8/14の出張を終えて、東京に帰ってきました。

正確に言えば、終えられなくて、途中離脱してしまった。

 

20日間、家に帰れず、その前も、20日間ほど働きづめで、

1ヶ月以上、ほとんど休みがない状態でした。

 

やっぱり、休みがなさすぎると、

自分の時間もなく、身体もつらく、

正常な自分でいられなくなってしまいます。

 

自分でも、嫌だな、と思うようなことをしてしまい、

自己嫌悪になって、どんどん悪い方向にいってしまう。

最後はそんな数日でした。

 

私は、大学生くらいの頃から、

「もっと頼ったほうがいい」とよく言われてきました。

今回も、きっと、もっと頼ったほうがよかったのだと思います。

でも、頼るという感覚が、あまりわかりません。

どうするのが、頼る、ということなのでしょうか。

 

わりとすぐしんどくなる方で、

機嫌も悪くなるし、しんどそうなのはすぐに伝わる方だとは思います。

でも、本当にダメそうなのは、伝わりにくい方なのかもしれません。

本当に折れないように、どこかでブレーキをかけてしまいます。

 

会社という大きな組織だったから、今回は、代打がいてくれました。

大きな口を叩いていても、所詮、先輩に助けられている、ひよっこの自分がいました。

 

今度からどうしたらいいのか、今、考えることが、

いままでの「頼るのが苦手な自分」を克服する、唯一の方法だとは、思います。

 

「ちょっと、しんどいから、これをやってほしい」と、言えばいいのかな。

多分、シンプルなことだろうなぁ。

 

そんなこともわからなくなるくらい、しんどかったんだな、と、

アイスコーヒーを飲みながら、ふと思いました。

 

休もう。