モヤモヤすること

 

 

9月になった。秋。

秋の雰囲気を感じることのないまま、冬にならないように、

心の余裕を持って過ごしたいなぁと思う。

 

 

仕事。

働くということが何か、考える。

それぞれ、働くということへの価値観は違う。

会社の中で、自分のコミュニティの中でも、

それぞれ違う。

 

 

 

しごと
【仕事・為事】
  1. 1.
    職業や業務として、すること。また、職業。「―が忙しい」「―場(ば)」「―ができる」(新たに仕事が生ずる意にも、仕事とするわざについて能力がすぐれている意にも言う)「そんな注文では―にならない(=引き合わない)」。したわざ(の結果)。
     「これは私がした―だ」
  2. 2.
    物理
    力が働いて物体を動かしたとき、その力と動かした距離との積。

 

 
職業とはなんだろう。
 
しょくぎょう
【職業】
  1. 生計を立てるために日常従事する仕事。

 

生計を立てるための日々従事すること、が仕事のようである。

 

定義上では、やりがいや、その他の余剰みたいなものは、

仕事の定義には属さないみたいだ。

 

 

やりがいとは何だろう。

 

やり甲斐

読み方:やりがい
別表記:遣り甲斐
事に当たる際の充足感手応え張り合い過去に行った事について評価する場合は「やり甲斐があった」の他に「やった甲斐があった」とも表現する。

 

 

事に当たる充足感や手応え、張り合い。

充足感、張り合いとは何だろう。

 

充足感

読み方:じゅうそくかん
充実感満ち足りた感覚のこと。

 

はり あい -あひ [0] 【張(り)合い】

張り合うこと。競うこと。 「意地の-」
働きかけただけの反応感じられ,充足感のあること。やり甲斐(がい)のあること。 「上達早いので,教える-がある」 「 -のない仕事

 

 

 

充実感や満ち足りた感情は、仕事ではなく

違う場所でも得られるものなのだろう。

 

でも、生業として生活するために従事する時間、というものは、

とても長いものであり、

私みたいな者は、充実感や満ち足りた感情、

評価されて得ることのできる、存在価値すら、

仕事に求めてしまう。

 

 

余計な感情である。

そもそも、自分にとって、何が達成されたら、

充実感や存在価値を得られるのであろう。

 

それは、仕事に関わらず、人生において。

 

充実感:?

存在価値:?

 

もう少し考えてみたい。