良かったこと

 

 

 

 

最近、良いことがあった。

この半年、目標としていたものが、叶った。

叶うと思っていなかったので、嬉しかったのである。

 

目標が叶うと、不思議なことに、

次の扉が開くもののようである。

今まで見えなかったものが見えて、

新しい悩みが現れる。

そうやって、少しずつ成長するみたいだ。

 

 

去年の9月といえば、ちょうど、

阿佐ヶ谷の古い一軒家に、ゆりと住みだした頃だ。

 

私はその時、大してちゃんと仕事もしていなかったし、

やりたいことと言うよりは、

何かやらないといけないような気がしていることに追われて、

俗に言う プータローであった。

 

 

 

それから、引っ越しや、仕事内容が変わったりして、

いろんな偶然から、今の状態になった。

そして、今年の春に決めた目標が、ひとつ達成された。

 

合格するとか、就職するとか、彼氏ができるとかっていうのは、

きっと、社会的なステータスが変わる、ということで、

それで満たされる何かを体験したのは久々だった。

 

わりと、少数派に属する人間だと思っているので、

多数派が感じる良いことに触れるのは、稀なことで、

そういうのは良いなぁと思った。

なにもかも、曖昧な文章になってしまっているけど、

兎にも角にも、よかった、のである。

 

自分がこれから何がしたいのか。

体力をつけたいし、痩せたいし、好きな服を着たい。

好きなものを食べて、楽しく過ごしたい。

そして、少し音楽もやって、歌を歌ったりして、

たまには、心が震える感動をして。

安心して眠りにつきたい。

 

そのために、なにを選んでいこうか?と考える。

 

ふと気づくと、

何かやらないといけないような気がしていることには 追われていなくて、

したいことをしている自分 に近づいている。

気がする。

 

よかった。